FC2ブログ
--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.02.28 09:07|いつか見た あの場所で

「はい。」
学長は、受話器をあげると落ち着いた声でとった。

向こうでなにか怒鳴っているのは、理事長のようだ。
木田は声をださないよう、押し黙っている。

「はい、はい。そうですね、兄さん。」

学長は2.3言葉を交わすと、受話器を置いた。

溜息をつく。
「さすがに、突然の失踪は痛かったみたいだ。早く探し出せって。」


「一応、親子なんですね。」
木田の言葉に、学長は薄い笑みを浮かべた。

「そうだな。他人の恋人を無理やりとって妻にしようと、子供がなつかなかろうと、妻が元の恋人の所に戻ろうと、・・・・・そのあとまた失踪しようと・・・・・。いちおう、家族だからな。」

学長の笑い声が、部屋に響いた。


 

続きを読む >>

スポンサーサイト

テーマ:自作小説
ジャンル:小説・文学

2007.02.28 08:58|いつか見た あの場所で

「夢・・・、とな。」
学長の、呟き。
石倉は、ふふ・・・と笑う。


「少しだけ、点滴に混ぜ物を。」
「ふぅん?」

学長は、面白そうに軽く頷いた。

続きを読む >>

テーマ:自作小説
ジャンル:小説・文学

2007.02.28 08:42|いつか見た あの場所で

「思いを寄せていた人間が、突然目の前でいなくなる。それは・・・・、えぇ。心が現実に向き合うのを拒否してしまった大きな原因になると思います。」

あおいの目の前に、1人の男性医師。
清香を担当している、石倉、という若い医師だった。
背は少し低めだが、鋭い眼差しは、一瞬学長
の目を思い出させる。

続きを読む >>

テーマ:自作小説
ジャンル:小説・文学

2007.02.26 14:18|いつか見た あの場所で
病室から、誰もいなくなった。
聞えるのは、遠くの方の待合所のざわめきだけが微かに。


続きを読む >>

テーマ:自作小説
ジャンル:小説・文学

2007.02.26 13:31|いつか見た あの場所で
「え!?」

体を起こす。
「じゃぁ、ボディーガードさんが、相馬くんを乗せてたってこと?」
あおいは首を横に振った。

「1人しか乗っていなかったって、・・・・運転してた人が・・・言ってるらしくて。」
「嘘!」


続きを読む >>

テーマ:自作小説
ジャンル:小説・文学

2007.02.26 12:55|いつか見た あの場所で

夢の中、私は宙に浮いていた。


よくわからない、感覚。浮遊感が、取り巻く。


すぅっ・・・・と、横をすり抜けていく影。


「・・・・?」

何かと思って目を向けると、視線の先にコンクリートの道路が迫っていた。



 

続きを読む >>

テーマ:自作小説
ジャンル:小説・文学

2007.02.22 11:25|いつか見た あの場所で

「さ、聞くだけ聞いたんだから、清香もお礼言うのよ?」
「・・・・緊張してきた・・・・。」

あおいは先を歩いていたが、振り向いてにこっと笑った。

「聞き逃げは許さないよ?」


あぁ、いつぞやの怒りマークが見える・・・・・。

続きを読む >>

テーマ:自作小説
ジャンル:小説・文学

2007.02.22 10:41|いつか見た あの場所で

「ねぇ、あおい。こうしよう!」
予備校のある駅の改札を出る。
さすがにこの時間は人が少ないかな・・・・。
予備校のまわりは、ビルも立ち並んでいるけれど、いかんせんまだ仕事中。
人通りはまばらだった。


 

続きを読む >>

テーマ:自作小説
ジャンル:小説・文学

2007.02.22 10:18|いつか見た あの場所で

その夜は、とても幸せだった。
きっちりつめられているはずの私の本棚。
抜けている2箇所の空間。
それを見るだけでも、口端がにやけてしまって、あまりよく眠れなかった。



続きを読む >>

テーマ:自作小説
ジャンル:小説・文学

2007.02.20 21:03|バトン

えと、きままに筆記ブログ管理人様の南瓜人形さんの記事で、もらってきたバトン・・・というか、質問?です。
難しそうなのですが。
一応、私の答えを書かせてもらおうかなと。
南瓜さん、遅くなりました。



「大人テスト」というものだそうです。



『大人テスト』というものは、『ゼブラーマン』という漫画(此方も山田玲司先生の作品です)という漫画の中で、悪役にだまされて大人を攻撃する子供たちを救おうとする主人公(ヒーローオタクの学校教師)がその中の子供(教え子)にとらわれた状態で質問された内容です。
・・・・・・・・・・・・・・南瓜さんの記事から抜粋

カッコ内が質問
その下が私の答えです。


『空はどうして青いの?』
青空が一番綺麗だから

『春の次に夏が来るのはどうして?』
暖かさがだんだん増して物凄く暑くなる。それが夏。

『犬を助けて牛を殺すのはどうして?』
人の身近にいるかどうかの問題かもしれない。
牛がペットとして飼われていたら、食べられないのかな・・・

『お金持ちは幸せですか?』
お金があれば、無いよりはできること、たくさんあります。
でも、お金がないならないなりに、生きていくことはできます。
お金で幸せは図れないのでは・・・?

『あなたは何のために生きてきたのですか?』
生まれてきたから生きるのです。
死にたくないから生きるのです。


難しいな・・・、ほんと。
特に、犬と牛。確かにそうですよね・・・・・。

南瓜さん、いかがでしょうか・・・・・。


 


 

2007.02.19 13:40|いつか見た あの場所で

「ふぅん・・・。」
ぱらぱらと、ページをめくってる。

身長の低い私は、相馬君を見上げる形になっていて。
・・・やばい、浸ってる場合じゃない・・・。


続きを読む >>

テーマ:自作小説
ジャンル:小説・文学

2007.02.19 13:08|いつか見た あの場所で

「さっ、行け!清香。」
小走りにかけて何とか、相馬君の近くに追いつく。
相馬君はじっと俯き加減で、地下鉄の駅を目指して歩いている。

なんとなく複雑そうな顔をしてるように、見えるけど・・・。


「・・・あおい・・・、緊張してきちゃった・・・。」
「あんた、今更。ほらっ、いっちゃうよ。」

続きを読む >>

テーマ:自作小説
ジャンル:小説・文学

2007.02.19 12:39|いつか見た あの場所で

相馬君はコーヒーショップを出ると、さっさと大通りを歩いて進んでいく。
さすがに1人だからか、歩くのが早い。

やっぱり男の人だよなぁ・・・

そんなところにもドキドキしている自分が、・・・さすがにちょっとむなしいかな。
名づけて、女子高病だぁね。
普段見ないし感じないから、自分との少しの違いでも、ドキドキして受け止めてしまう。


「いや、清香。なに自分の世界にトリップしてんの。」



 

続きを読む >>

テーマ:自作小説
ジャンル:小説・文学

2007.02.16 19:17|いつか見た あの場所で
「あぁあぁ、さぼっちゃったよ。いいのかなぁ、ねーあおい。」
予備校から少しはなれた、セルフのコーヒーショップ。
喫煙席の奥のほうに座る相馬君たち3人からは、よく見えないだろう禁煙席の端に座る。
相馬君たちは講師室から出てきた沢村君を引き連れて、そのまま予備校を出てここにきた。
私もつられてそのままきちゃったんだけど。

「今更言っても仕方ないじゃん。てか、私も連れてこられたんですが。」
「ごめん~、1人でここはさすがに居にくい・・・・。」
この時間、予備校は始まっているので、学生は少ない。
会社帰りのサラリーマンぽい人が、何人かいるだけ。

続きを読む >>

テーマ:自作小説
ジャンル:小説・文学

2007.02.16 18:49|いつか見た あの場所で

「何を・・・、そんなに緊張しているの?」

ホームルームが終わった教室。
いつも通り予備校に行く為に早く帰る用意をしてきたあおいが、私の机の隣に立った。
「え・・・・?」

すこしとぼけたような声で、あおいを見上げる。

「そう?」
「うん。目が充血してるし。」

続きを読む >>

テーマ:自作小説
ジャンル:小説・文学

2007.02.16 18:17|いつか見た あの場所で

「よっと・・・、やっとできた・・・・。」
溜息とともに、針を裁縫道具に戻す。
破ってしまったあおいのトートを、何とか修復してみた。

・・・、重いもの入れたら破けるかな。

そのままたたんで机の上におく。

続きを読む >>

テーマ:自作小説
ジャンル:小説・文学

2007.02.14 17:47|いつか見た あの場所で
「じゃぁね、あおい。」
あれは確か、9月の始め頃。
私は居残りをしていくあおいと教室で別れると、階段を駆け下りて階下に下りた。

今日は近くまで姉が遊びに来ている。
大学生の姉は、今日ひとりで帰る・・・といった私を心配して、迎えに来てくれたのだ。

「・・・・うっ。」

予備校を出ようとしたその出入り口に、ある男子のグループが固まっていた。
それは、この予備校でも有名な、お金持ちの人達。
迎えの車を待っているのか、だらぁっっと広がってくっちゃべってる。


続きを読む >>

テーマ:自作小説
ジャンル:小説・文学

2007.02.14 17:46|いつか見た あの場所で

予備校に着くと、講義のある教室に2人であがっていく。
2人とも文系志望。
受験する大学は半分同じ、半分違う。

「重い・・・・。」


続きを読む >>

テーマ:自作小説
ジャンル:小説・文学

2007.02.14 17:46|いつか見た あの場所で

君が見ていたもの   ・・・相馬番外編




お菓子が好き。
ケーキもプリンも駄菓子も、一番ポテトチップスが好きだけど。
友達とのおしゃべりも好き。
でも、話にのっていけないときもある。
・・・ドラマ苦手。アイドル苦手。

めがねに2つわけの髪。
制服は手を加えてません。


・・・・1人、女子高生落ちこぼれ街道をまっしぐらに進む、浅科 清香(あさしな きよか)17歳。



 

続きを読む >>

テーマ:自作小説
ジャンル:小説・文学

2007.02.13 20:11|いつか見た あの場所で

c.pさん、ありがとうございます!!!


「神が泊まる村」の管理人様、c.pさんに呉羽のイラストをいただきました!!!!


なんという嬉しさ。なんという光栄!


呉羽です!!呉羽が・・・、うぅ・・・呉羽。呉羽よかったね。


kureha


ありがとうございます!!

憂いを含んだその表情!!


微笑んでいる雰囲気なのに、寂しそう・・・。
後ろからぎゅーーーっと・・・ぎゅっーーーーー←変態さんがいるよ~

ぎゅーーーっとしちゃう人がこの先出てきたりもして・・・
いいなぁ~←変態さん以下略


うちゅくちぃ・・・・


しかも、お言葉までつけていただいて。




「一人一人の歩みが未来をつくってゆく。
どんな未来が待っているのか。

大切なものは得られるよ。
失った時は切なく辛い。
だけど、残るものが必ずあるんだよ。 」


くぅぅぅっ、言いたいことを・・・伝えたいことを凝縮してくださってありがとうございます!!


そしてそして

「異世界(蒼空界)に”人”の反逆者現る。
一人残された神様(呉羽様)は三人の救世主に助けを求めた。
反逆者(葉影)の子孫である三人を……。 」

自分の紹介よりかっこいい・・・・・・・・。
いいっす!!すごいっす!さすがっす!!
勝手にランキングの紹介文に使わせていただきます!
事後承諾です!
しかもこの記事で事後承諾です!!
なんておばかな・・・・


 


この度は、本当にありがとうございました!!!!



c.pさんは、「神が泊まる村」という小説ブログの管理人様で、どきどきはらはら謎が深まる、ミステリー小説を連載されています。
不可視の光を見る、不思議な少年光希君が育った、神泊村。
その村は、多くの謎を秘めていて・・・・・。
幼い頃短い間だったけれど共に遊んだ一郎君が、光希君を救おうと村に戻ってきたことからはじまる・・・・・。
素敵です!どきどきです!おねーさん目が離せません!


右のリンクからも飛べますので、ぜひぜひお読みください!


改めて、c.pさん!ありがとうございました!!


テーマ:物書きのひとりごと
ジャンル:小説・文学

2007.02.07 19:51|いつか見た あの場所で

「伽耶・・・・。」


呟く。
返ってくる、声はない。




 

続きを読む >>

テーマ:自作小説
ジャンル:小説・文学

2007.02.07 18:56|いつか見た あの場所で

「さぁ・・・・相馬様。手をこちらにつけていただけますか・・・?」

「・・?」

伽耶は片手をこちらに向けて床につけ、もう片方を本のおいてある部分につけた。

「早く・・・。今、私と石の力で時間を少し止めています。あの、アウルと同じように。でも、そんなに持たない。」

「・・・う・・・うん。」
促されるまま、伽耶の掌に自分の掌を重ね合わせる。
・・・冷たい・・・、床の感触。
俺と伽耶を隔てる、全ての冷たさ。


続きを読む >>

テーマ:自作小説
ジャンル:小説・文学

2007.02.07 18:23|いつか見た あの場所で

「・・・・?今の・・・声・・・・。」


微かに響く、優しい・・・声。
何か膜の張ったような、ぼやぁっとした声に聞えるけれど。


相馬様・・・  お元気になられて・・・よかった・・・


光の中、懸命に目を凝らしその姿を探す。
間違えない。絶対に、この声は・・・




 

続きを読む >>

テーマ:自作小説
ジャンル:小説・文学

2007.02.05 20:24|いつか見た あの場所で
その頃、コウと遥はみどりの側で立ち尽くしていた。

「これは・・・、ひどい。」

遥の言葉が、しんとした家に響いた。

続きを読む >>

テーマ:自作小説
ジャンル:小説・文学

2007.02.05 20:24|いつか見た あの場所で

「朔!」

朔のかがんでいる後姿が見えた。
まだ遠いが声を張り上げて、朔を呼ぶ。

「?」
朔は頭を上げて辺りを見回した。
「朔!」
もう一度叫ぶと、やっとこちらを見る。
すでに俺達も、朔の近くまで来ていた



続きを読む >>

テーマ:自作小説
ジャンル:小説・文学

2007.02.05 20:10|いつか見た あの場所で

家の前に広がる、背丈ほどある草むらを駆け足で抜ける。
先ほど出ていた霧が、草に露をたくさん作っていた。


顔に・・・体に草が当たるたび、冷たいしずくが飛んでくる。

続きを読む >>

テーマ:自作小説
ジャンル:小説・文学

2007.02.03 08:14|いつか見た あの場所で

途中何度も転びながら、うろ覚えの道を走って帰った。
なんだか、とても悔しい。


みどりのあの思いを・・・、命を危ぶむあの病をおってもなお、朔を好きでいるのに。
侮辱された気がする。
みどり、自身を。






続きを読む >>

テーマ:自作小説
ジャンル:小説・文学

2007.02.03 08:03|いつか見た あの場所で

「だから・・・、もう少し探してくれるか?」
突然みどりの話に戻り、慌てて頷く。
朔は笑うと、場所移動する・・・と歩き出した。


その時、さぁぁぁと霧のようなものが足元を伝った。
驚いて足を上げる。
朔はそれを見て笑った。


 


 

続きを読む >>

テーマ:自作小説
ジャンル:小説・文学

2007.02.03 08:00|いつか見た あの場所で

見つからない・・・もんだね・・・。
朔と俺が落ちていた崖の付近を中心に、薬草を捜してすでに陽がかげり始めている。
2人だし、少しでも見つかると思ったんだけどな・・・。



 

続きを読む >>

テーマ:自作小説
ジャンル:小説・文学

01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

kazu osino

Author:kazu osino
名前  kazu osino
生息地 関東のとある家。
英語の苦手な、ちゃっかり主婦。
ブログ内記事、文章は無断転載
転用禁止にさせていただきます。
する方、いないと思いますが。
よろしくお願いいたします。

…プロフの画像を載せる事によって、
お金が入ってきたらいいなとか
お、思ってないんだからっ(笑

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QR

QR

カテゴリ

リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ開始から何日経った?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。